おもてなし葬儀|話題の家族葬は遺族の経済的負担が軽減される

葬式

話題の葬儀

お葬式

時代の流れから葬儀にも大きな影響が出ています。近年では家族葬という葬儀が多くの家庭で行われています。家族葬はその名前の通り家族だけ、又は故人と親しかった親族や友人も参列する式になります。

詳しくはコチラ

心情と魅力

葬儀

葬儀をするにしても、人それぞれ死因が異なっています。このことから参列者を増やしたくないという家庭も多いです。この場合には家族葬が行われることが多くなっています。

詳しくはコチラ

優しさのある葬儀

冠婚葬祭

故人を送る葬儀も費用が重要視されていることから、家族葬が普及しています。家族葬は他の葬儀と比べるとリーズナブル、それだけでなく故人にとっては有り難い葬儀ともなっています。

詳しくはコチラ

葬儀の現状

最後のお別れの時間を悔いなく行うためにも読んでおきましょう。家族葬を検討されている方はこちらです。

葬儀費用の傾向について

葬儀

現代の日本では核家族化が進んでいます。親子代々同じ屋根の下で二世帯、三世帯と住むことはほとんど見られなくなりました。また、たった一人っきりで住んでいる人も年々増加の一途を辿っています。そのため葬儀や埋葬方法に関しても昔と随分考え方が変ってきているのは事実なのです。お墓を建立し、そこに埋葬されても子供や孫を持たない人は誰もお墓のメンテナンスや管理といった墓守をしてくれる人はいません。そのためお墓を建立する費用が無意味なものとなり、一般的な埋葬を希望しない人も増えてきています。また葬儀に関しても同様で、一般葬など盛大な葬儀を行っても友人や親戚などが遠隔地に住んでいて誰も参列しないといった事態が見られるようになっているのです。そのため非常に安い家族葬などで葬儀を執り行おうとする人が増えているのです。

葬儀の歴史や変遷と家族葬

家族葬は親や兄弟といったごくごく近親者だけで執り行う葬儀を指すのです。家族葬は核家族化やデフレ経済の現代に非常にマッチした葬儀のスタイルと言えるのです。葬儀費用は一般葬の四分の一程度で執り行うことができ、非常にリーズナブルで残された遺族への経済的負担が軽減されるのです。またごくごく近親者だけで葬儀を執り行うことで、アットホームでじっくりと最後の別れの瞬間を過ごすことができるのです。現代は昔と違って家族葬だけでなく直葬なども徐々にニーズが高まっているのです。昔は直葬など考えられない葬儀のスタイルでしたが、人間関係の希薄化、経済的貧困層の増加、核家族化、高齢の一人暮らしが増えたことで現代では直葬を行うことも奇異なことではなくなっているのです。